ミニチュアリメイクの制作過程

スキルの高い職人が、心を込めてリメイクしています

ミニチュアサイズリメイクは、スキルの高いプロの縫製職人がリメイクしていいるので、品質の良さは保証します。額に入れて飾った時に綺麗に見えるこだわりの手法でリメイクしています。 どのようにミニチュアリメイクしているのか、プロの技を一挙大公開してお見せしちゃいます!

その①女子学生服(ブレザー)のミニチュアリメイク制作過程

女子学生服のミニチュアリメイク①
制服の型紙を作り、布を裁断
制服ごとに1/6サイズの型紙を作り、布目に沿って型紙を置いて裁断します。 布を裁断する前に、プリーツスカートは、スチームアイロンをかけてプリーツを取ります。

女子学生服のミニチュアリメイク
縫い代の処理をします
超ミニチュアリメイクのため、縫い代は手芸のりを楊枝で丁寧に付けてほつれ処理をします。 縫い代の始末をミシンで行わないのは、小さい服のためモコモコになるのを防ぐためです

女子学生服のミニチュアリメイク
仮縫いをします
小さいので、少しでもずれたら綺麗に仕上がりません。柄がある布は縫い目で柄がずれないようにするため、写真のように生地を中表に合わせ、柄を合わせてしつけで止めます。こんなひと手間を加えるのが、綺麗に仕上げるコツなのです。

女子学生服のミニチュアリメイク
ミシン掛けをします
とても小さいので、少しでもずれるとゆがんだりシワができてしまうため、まち針を沢山使ったりしながら慎重にミシン掛けをします。

女子学生服のミニチュアリメイク
カーブは切り込みを沢山入れます
カーブがある箇所は、よれないようにハサミで切り込みを入る必要があります。小さいのでミリ単位の世界です。見頃まで切らないように、慎重に切り込みを切っていくのですが、神経を使う作業です。

女子学生服のミニチュアリメイク
最後にボタンやリボンを付けます
見て下さい、指よりずっと小さいんです。もう本当にミニサイズの世界がわかる写真ですね!

女子学生服のミニチュアリメイク
完成
ジャーン!超ミニチュア制服の完成です!この制服を額に入れると「思い出アフレーム」の完成です♪

その②セーラー服のミニチュアリメイク制作現場


セーラー服のミニチュアリメイク①

衿を作ります。
襟のまわりに3本ステッチを入れます。


セーラー服のミニチュアリメイク②

見頃を作ります。前身頃、後ろ身頃の肩を縫い合わせ、衿をつけます。


セーラー服のミニチュアリメイク③

袖を見頃に付けます。カフスに3本ステッチを入れ、タックを作った袖と縫い合 わせ、身頃に袖を縫い合わせます。


セーラー服のミニチュアリメイク

スカートを作ります。裾を5mm折り上げ、ステッチをかけてプリーツを作ります。プリーツを一つずつステッチをかける手間のかかる作業です。その後、プリーツをたたみ、ベルトつけます。


セーラー服のミニチュアリメイク 
完成
ジャーン!超ミニチュアサイズのセーラー服の完成です!小さくて可愛いですね♪

ページ上部へ戻る